~上手にあたたか~ 専門家による公共施設のエネルギー診断をしました

寒波等で電気の需給がひっ迫し、全国の電気会社が節電の呼びかけを行った1月上旬、
能勢町・豊能町も節電要請に応じてくれました。

しかし、寒波の折、コロナ対策のための換気も必要な状況で、
なかなか簡単ではありません。

そこで、急遽、豊富な省エネ診断の専門家と共に
両町内の公共施設を実際に見て回りながら、
アドバイスをいただきました。

実施したのは、積雪があり、特に寒さの厳しい日。
「暖房を強くしても寒くて…」という声が聞こえる公共施設もありました。

専門家は、サーモグラフィーを使ったり、空気の流れ等を追って、
室内の大きな気温差や、暖気が逃げていく場所などを探しあてます。
エアコンの設定や換気方法、のれんの利用などちょっとした工夫で、
気温差を緩和して快適に、節電もできるポイントを
教えてもらうことができました。

 

 

電気会社は、各施設の電気の利用状況をほぼリアルタイムに把握できるのですが、
アドバイスを受けた施設では、すぐに効果が現れていることが分かりました。
(安定供給が確保できたのは、節電に協力下さった皆さんのおかげです。)
両町の電気代の削減にも繋がっています。

節電にご協力いただいた施設の皆さん、たくさんのアドバイスをいただいた専門家の方
大変ありがとうございました。

今後も、引き続き省エネ・気候変動の取り組みを進めて参ります。

●ご自宅や仕事場で、省エネを取り組みたい方へのおすすめ資料 (外部リンク)

冬季におけるコロナ禍での省エネルギーの取組について(ポスター)」(環境省等発行)
家庭 「家庭の省エネハンドブック」(クールネット・東京薬効)
オフィス、工場、学校等の省エネ「業種別の省エネ対策テキスト」(クールネット・東京発行)

●電力各社の節電要請の状況(外部リンク)
関西電力の「電力の需給状況と節電へのご協力のお願いについて

前の記事

節電のお願い